リンクビーは発達障害のある方のための就労支援サービスです

リンクビーブログ「学ぶ人たち」

リンクビーブログ「学ぶ人たち」

私は昨年の5月上旬、リンクビー秋葉原に入所しました。

ですので、9ヶ月の道のりでした。

 

受けた企業は20社。最終面接まで行けたのは、そのうち3社。

決して平坦ではない就職活動でした。

 

最初私は支援者を目指します。しかし、職員との面談を重ねるうちに、私は人と喋りたいだけであって、人の話は聞かないという、決定的な事実を指摘されます。

 

そこで、職員と話し合い、支援者の道は、今までも繋がっていた自助グループや当事者研究を極める事にし、就職はお金で苦労していることから、以前の生活水準を取り戻すことを目指し、自分の持っているスキルであるCADオペレーターを目指す事にしました。

 

その中でも

A.建築土木以外の分野

B.建築土木の分野

 

――の優先順位で就職活動をすることにしました。

さらに、Aでは実習付きである事が、不安感を払拭できるために望ましいと思いました。

 

Bでは、以前の会社でのトラウマを思い出すこともあるので、Aの新たな分野で働くことが、精神衛生上いいかと思ったためです。

 

11月末にあっさり最終面接にこぎつけましたが落ちてしまい、12月からまた仕切り直しの就職活動でした。新たに活動すると2ヶ月半かかると職員からは言われていたので、2月内定を目標に動き出しました。

 

結果、

①ハローワーク

②ゼネラルパートナーズ

③東京しごと財団

 

という使える物は全て使うという総力戦で望みました。当然、使える職員も全て使うという事もやりました。

 

結果、履歴書の内容、面接スキルは見違えるほど上達し、先に進んだ企業も増え、自信もつきました。

 

最終的には①③の企業、しかも、CADオペレーターではなかなかない実習付きという、希望にかなう形を経験することができました。

 

リンクビーの最終日の挨拶でも言いましだが、私はリンクビーを信じられないところからスタートしました。

しかし、最終的には全利用者、全職員を信じています。

 

あとに続く人たちへ

 

就職活動とはつまらない物です。

そんな中で、いかに気持ちを持ち上げられるか、モチベーションを保てるかが成功の鍵かと思っています。

 

リンクビーは気持ちを持ち上げる企画であふれています。

私は自分の企画した土曜企画で、実習で沈んだ気持ちを持ち上げました。

職員、利用者、プログラム、何でも利用してください。

 

そして、自分らしさを見つけ出して下さい。

未来の幸ある姿を期待します。





1.     通所することになった経緯

 

私は大学を卒業後、就職しましたが、人の話の聞き取りがなかなかできず、特に電話対応には苦戦しました。最終的にはミスに繋がり、ストレスとなってわずか2ヶ月で退職に至りました。その後、資格取得を目指したいと思い、医療系の専門学校に入学しました。ところが、実習や授業の中で、集中力が続かない・授業の話が聞き取れない・同じ事を何度も聞いてしまう・手先が不器用等から、とにかく過剰なミスや勘違いが頻繁に起きました。

 

当初は、うつ病など精神的な病を疑っていましたが、それだけではないと感じ、精神科を受診した結果、発達障害の診断を受けました。主治医からは、「資格取得や医療の道を目指すことは厳しい」と言われておりましたが、心の中では「悔しい」という気持ちが本音でした。そんな辛い中で、何とか専門学校は卒業・資格取得ができ、その後、主治医からの紹介で、リンクビーへの通所を決断しました。

 

 

2.     通所を始めてからの自分

 

最初は、プログラム内容を見た時、私自身の社会経験が非常に浅いということもあって、ついていけるのだろうか...といつも不安を募らせていました。そんな中、職員の方や他の利用者の方からのフィードバックがとても役立ちました。そのことから、「分らないことは、どんなことでも聞こう」と思うようになり、「些細なことでも報・連・相」を意識してプログラムに参加していました。

 

また、私がリンクビー秋葉原に入所したばかりの頃は、自信の無さが常にあり、学生時代の頃も含めて考えると、いつもマイナスの考え方をしてしまう癖がありました。そのことに気付かされたのは、職業トレーニングというプログラムで、グループワークを行った時のことでした。他者からの指摘や注意に対して、常に謝ってしまう癖や過剰な自責があり、その点を少しでも改善していきたいと考えるようになりました。

 

 

3.     就職活動開始~内定をいただくまで

 

就職活動を本格的に始めたのは、7月頃でした。プログラムの研修にも慣れてきて、コミュニケーションも比較的取れているとのことから、就職活動を開始しました。しかし、自分の障害特性や障害に対する配慮事項が自分の中ではっきりとまとまっておらず、最初はどのように面接で伝えれば良いかということに悩みました。

 

また現実問題、「社会経験の浅さ」や「事務職の経験値が劣る」ということが原因で、最終ゴールまで届かなかったこともありました。そのような中でも、atGP(アットジーピー)の担当の方との模擬面接やリンクビーの職員の方との面接練習がとても為になり、いただいたフィードバックを自分なりにまとめて記録していました。

 

面接を重ねるにつれて、先行きの見えない不安に向き合うようになりました。今思い返せば、これも良い訓練だったと感じています。残念な結果が続く中でも、企業様の方からとても良い評価をいただくケースが少しずつ増えてきました。私の中に、かすかな自信が芽生え、最終的には今回就職することになった企業様から内定をいただくことができました。

 

 

4.     終わりに

 

リンクビーでの生活は、私にとって、とても有意義でした。自分と同じ悩みを持つ仲間ができ、その中で自分の成長を実感できました。このリンクビーを自分の第二のふるさとだと思ってOBOG会にも顔を出したいと思います。

 

本当にありがとうございました。