リンクビーは発達障害のある方のための就労支援サービスです

リンクビーブログ「学ぶ人たち」

リンクビーブログ「学ぶ人たち」

1.通所するまで

「自分が発達障害であるかも」と言う自覚は20代から有りましたが(大学の一般教養の心理学の授業からその知識はあった)、本格的に診断を受けたのは発達障害、特にADHDの不注意性と衝動性によって社会生活での困難が増してきたことと、保険が効くADHDの治療薬が発明されたからです。

診断を受けるための病院を探す過程で「支援事業所」の存在を知り、体験通所をしました。それから他2施設に相談に行きましたが、1施設は「待機時間が長いこと」、もう1施設は体験通所がなかったことから、また、プログラムの内容が実践的でバラエティに富み、運営母体が人材紹介業でもあることからリンクビーに決めました。

 

2.通所開始~就職活動開始直前

まずは思考力、社会性を身につけるためのメモ研修などの「短時間研修」、就職に関することやストレスマネジメントに関する内容を行う「長時間研修」、13週間で個人やグループで行う「職業トレーニング」を通じて、職員の方に「自分の特性」を知って頂く期間を設けました。

どの障害でもカテゴリー分けされた中で個々に特性とその対処、お願いすべき配慮は異なります。この期間は就職活動を行うに当たり「障害をオープンにして障害者雇用」か「障害を隠して一般雇用」にするのかを見極めるための時間としてかなり有効だったと思います。また、プログラムを通じて改めて障害特性と向き合うことで「障害者として就職する」道を選ぶことができました。

 

3.就職活動開始

基本的な書類作成(これまでとは別の職種を志望したため大幅な修正があった)の他に、「障害者雇用」向けに「これまでの退職理由の整理」と「特性の振り返り」をまず行いました。自分の「困ってきたこと」と改めて向き合うのは通所期間で一番辛い作業でしたが、上手く教導していただけました。

面接は主に「合同面接会」と「実習面談会」の2種、特に「実習面談会」では職員同席のもとで行いますので、ここで頂けた面接についてのフィードバックがとても役に立ちました。

また、ゼネラルパートナーズの紹介者向け就職サイト「atGP」(https://www.atgp.jp/)にも登録し、活動を進めてきました。こちらで頂いたアドバイスも就職する上で大変参考になりました。頂いたアドバイスで一番効いたのが「面接だけで合否を決定しようとしている企業に対しての『実習の提案』」をし、実際の仕事を体験する事です。これにより、就職先から高い評価を頂いた事や、自分でも就職先の環境や働き方を事前に知ることで安心できました。

 

 

■おわりに

今思うと通所していた期間は「障害者であることを受け入れていく過程」でした。発達障害は他の障害の方に比べて「後天的に発見」、特に「社会生活が始まってから発見」 される事が多く、それは自我が確立してからのためほとんどの人に「障害特性を受け入れる訓練」が必要になります。また、発達障害をもっていてもなんとか社会生活をおくれたり、特性を生かして社会で成功者になることすらあるため、「障害者として生きる」ために意識を変えていく必要がある人が多くいます。

「社会で生き辛く」なり「積極的に周りの方に特性を理解して頂く」必要が生じた時、自らが障害を受容し、整理できていないと周りの方々にお願いすることはできません。私が「障害者であることを受け入れ」、「障害特性理解し、配慮項目を文章化する」ことは自分一人ではとても困難なことであったと今は思います。いま社会復帰できるのも通所していた賜物です。

 

最後に、事業所の皆様。

真摯なお声がけと叱咤、的確なアドバイスを頂けたと感じています。

ありがとうございました。

リンクビー秋葉原に通所してからおよそ6カ月、とても内容が濃い日々でした。この度、就職が決まり、「卒業」することになりました。

 

~リンクビーに出会う前~

 

前職では、簡単なミスを何度もしてしまう、仕事が覚えられない、上司が言っている内容が理解出来ない、といったことが続き、叱責を受けてしまったことから、うつ病になり、退職になりました。その頃、ネット検索でリンクビーを知り、発達障害専門だったので、見学してみようと思いました。

 

他の就労移行支援事業所にも行ってみましたが、リンクビーの方が感覚的に自分にあっていると思い通所を決意しました。プログラムの内容的にも、資料を作成して発表するという研修が多く、自分の課題に合っていると思いました。リンクビーに入所して、まずは安定通所から始めました。

 

~リンクビーに通って~

 

リンクビーに通って、人前での発表がとても苦手でしたがある程度は発表出来るようになりました。色々な職業トレーニングをこなして上司への報連相がより出来るようになりました。また、自己理解の大切さを学びました。休憩を取ることの大切さや、ストレスと上手く付き合う事も学びました。ストレスマネジメントは、仕事に就いてからも使えるものだと思います。一生使えるような手法や考え方を、学べたような気がします。

 

一番大きかったことは、同じような仲間たちと出会えたこと。自分だけじゃなかったと思えたことです。グループワークのリーダーをやったことも、今ではいい思い出です。

 

就職活動では、2カ所の実習に行きました。実習での体験が、一般に近い職場で働きたいと思うきっかけになりました。事務職の経験がなかったので、実習で経験し、事務職の雰囲気を学べたことは、大変役に立ちました。

 

リンクビーでの半年間、会社勤めという環境から一歩外に出て、色々な体験ができたことは、自分にとってプラスになったと思います。atGPのキャリアカウンセラーの方とのやり取りも、自己理解を深めるうえで、とても良かったと思います。そこをしっかり取り組めたお蔭で、面接がすんなり通ってしまいました。

 

~これまでとこれから~

 

リンクビーに入ったときの思いは、「今の自分を変えたい!」でした。これからどうしたいかですが、職場で上手くやっていけるようになりたい。安定して働ける環境で、長く働いていきたいです。

 

リンクビーに通所している皆さん、これから通所する皆さん、ひとつひとつのプログラムに前向きに取り組むことが大切だと思います。自分の力を少しずつ上げていってください。焦らなくても、だいじょうぶです。OGOB会で、またお会いしましょう。

 

ありがとうございました。